新宿院:03-6384-1391
福岡院:092-402-2460
植毛手術を専門とするヘア&スキンクリニック
新宿院:03-6384-1391
福岡院:092-402-2460

うす毛の原因はさまざまで、経験の浅い医師は時に間違った診断をしてしまうことがあります。

うす毛にお悩みの方、お気軽にご来院ください。ご自身のうす毛に適した正しい治をご提案します。

うす毛の原因はさまざまで、
経験の浅い医師は時に
間違った診断をして
しまうことがあります。

うす毛にお悩みの方、
お気軽にご来院ください。
ご自身のうす毛に適した
正しい治をご提案します。

AGAの分類

近年、うす毛に悩む方の数は増加傾向です。その一方でうす毛の原因は様です。

遺伝や外傷、アレルギー、ストレス等、それぞれの原因に合わせて適切な治を出来るだけ早く行うことで、最大の治効果を得られる事になります。

ここでは代表的なうす毛について簡単に説明します。

男性型脱毛症 (AGA)

男性において最も一般的な脱毛症ですが、20年前まではこれが病気であるという概念も、治可能だという認識もほぼありませんでした。その特徴としては、太くて健康な髪に混ざって、細くて短い毛の割合が増えていき、結果として、髪が薄くみえてしまう進行性の病気です。
マイクロスコープでは、長さや太さが不均一な毛が見られ、肉眼では見えないくらい縮してしまったものも散見されます。

正常な毛周期とAGAの毛周期の違い

正常な毛周期とAGAの
毛周期の違い

通常は成長期から始まり、退行期、休止期を経て毛が脱落して、2年から6年かけて次の毛周期を回ります。しかし、AGAになるとDHTの悪影で,毛周期の短縮と毛の軟毛化が起きて、その結果肉眼で見える毛が減り、薄くみえてしまいます。

 

AGAの進行を判断するためには、ハミルトンノーウッド分類が有効です。

図を見て頂くと分かりますが、AGAの典型的なうす毛のパターンごとに分類されています。頭頂部が目立つ場合でもうす毛はハエギワから始まっていることと、後頭部の毛は保たれていることが重要な特徴です。

この画像では、ハエギワの境界が不明と言うAGAの典型的な所見が見られます。

同じハエギワは一つもありません。長井式植毛では、それぞれの患者さまに対して最適なアドバイスを行います。移植された髪が目立たないようにするため、個の既存の生え方のパターンに合わせて、その方の顔と一致するような自然な仕上がりを目指します。

同じハエギワは一つもありません。長井式植毛では、それぞれの患者さまに対して最適なアドバイスを行います。移植された髪が目立たないようにするため、個の既存の生え方のパターンに合わせて、その方の顔と一致するような自然な仕上がりを目指します。

女性型脱毛症

女性の脱毛症は遺伝の影も示されていますが、まだ男性のAGAほど明確には分かっていません。進行する典型的な脱毛症はFAGAと呼ばれることもあり、おもに卵巣機能が低下する、閉経後や多のう胞性卵巣、急激なダイエットにおいてみられることがあります。
AGAの場合と異なり、脱毛症の原因を的確に見極めて治を行う必要があります。特に生理不順に伴う脱毛症の場合は、多のう胞性卵巣や卵巣機能不全の場合がありますので、婦人科での詳しい診察も有効です。

女性の進行型うす毛パターン分類は、まだAGAほど明確にはされていませんが、このルードウィッグ分類が進行型の評価に使われることがあります。
女性の脱毛症の大きな特徴として、全体的に軟毛化が起きることが多い為初期は男性ほど目立ちません。大多数の方が、分け目のうす毛で気が付きます。

二次性瘢痕性 (瘢痕) 脱毛症

二次性瘢痕
(瘢痕) 脱毛症

外傷性脱毛、自動車事故、頭部の手術、火傷、フェイスリフトなどの美容整形手術などによる外傷が原因で、永久的な脱毛が起こる可能性があります。外傷の程度により永久脱毛の程度も異なります。
感染性脱毛症で永久脱毛が起こることはほとんどありませんが、時に見られる、にきびによるケロイド (瘢痕) を形成しやすい患者さまに、長期にわたって感染している場合では起こり得ます。

びまん性脱毛症

男性型のような部分的に薄くなるのではなく、全体の毛が抜けて薄くなる症状です。主な原因としては「ストレス」「ダイエット」「老化」「過度のヘアケア」「経口避妊薬」などがあります。原因を取り除くことで改善する可能性が高いといわれています。

後脱毛症

出産後、一時的に髪が抜ける症状です。女性ホルモンの働きが増加しヘアサイクル (毛周期) が変化するためだといわれています。半年から1年ほど授乳を終える頃には自然回復してきます。

引性脱毛症 (けんいん性脱毛症)

引性脱毛症
(けんいん性脱毛症)

髪の長い人がポニーテールやアップヘアなど、髪の毛を引っ張るようなヘアスタイルを長い年月続けることにより、うす毛の原因となり得ます。頭皮マッサージなどで血行を促進することも有効ですが、けん引する髪形を出来るだけ長く続けないことが重要です。
うす毛が目立つ場合は、植毛をすることが第一選択になります。

円形脱毛症

円形もしくは円形の脱毛が突然発症する症状で、脱毛部位も頭髪だけではなく眉毛や全身に及びます。発症年齢も子どもから老人まで幅広く、豆粒大から500円玉以上の大きさになることも有ります。6割方は自然に治しますが、多発型円形脱毛症の場合、医師の診断が必要です。

脂漏性脱毛症

皮脂の過剰分泌による脱毛症で、食生活やシャンプー剤、洗髪方法に問題があるとされています。放っておくと脂漏性皮炎 (脂漏性湿疹) を引き起こすため早目のケアが必要です。

ひこう (粃糠) 性脱毛症

ひこう (粃糠)
性脱毛症

頭皮の環境が悪く、フケが多量に出る場合に起こる症状です。ライフスタイル全般の見直しが必要とされます。