皮弁法-ヘアー&スキンクリニック新宿

【診療時間】10:00~19:00
【休診日】木・日曜日

TEL 03-6384-1391

  • お電話でお問合せ
【診療時間】10:00~19:00 【休診日】木・日曜日

診療内容

皮弁法

ワキガでお悩みの方へ

臭いの元を除去しませんか

ワキガの臭いの原因は主としてアポクリン腺から分泌する脂肪酸に雑菌が混ざって発生します。遺伝によるところが大きいので、両親や祖父母、兄弟でワキガの症状がある場合、ワキガの可能性が高いです。ワキガをしっかり治したいのであれば、臭いの元となるアポクリン腺を除去する方法があります。

●ワキガ臭発生の原因

皮弁法

※ワキガの治療の中で、アポクリン腺を100%除去することは不可能です。
なぜなら、ワキの皮膚を全部切除しなければならず、皮膚のなくなったワキの腕が上がらなくなってしまうからです。

皮弁法は、皮膚をめくって直接目で見ながら切除していくので確実ですが、切開をするため傷跡が残ります。

治療ポイント

ワキの臭いに、とても悩んでいる方へ、傷跡はできるが根治に一番近い治療です。

ワキガ治療のスタンダードな手術法として皮弁法(剪除法)があります。ワキのシワに沿って3cmほど切開し、皮膚を反転しながら臭いの原因となるアポクリン腺を直接目で確認しながら取り除いていきます。皮下血管網を傷つけないよう注意して取り除き、洗浄した後に縫合します。約7~8割程度の除去で、臭いもかなり軽減されます。

施術時間
両側で約120分
注意点
・局所麻酔を行いますので、施術中の痛みはほとんどありませんが、術後の内出血を予防するためワキを圧迫固定します。術後、ご希望があれば痛み止めを処方します。
・最低1週間の圧迫固定が必要です。術後の経過によっては傷跡が目立つこともあります。内出血や傷の状態を確認しながらガーゼを交換し、約3週間後に抜糸をします。

H&Sの皮弁法が選ばれる理由

Select.1
再発率が最も低い皮弁法を採用
皮弁法は剪除法とも呼ばれます。目で直接見ながら切除していくので、再発率も低く効果の高い方法です。
Select.2
形成外科専門医による傷跡修正
皮弁法は術後の経過によっては拘縮が起こり傷跡が残りやすくなります。形成外科専門医による傷跡修正も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
Select.3
痛みに配慮
手術中は局所麻酔をするのでほとんど痛みを感じることはありません。術後の痛みについても、ご心配な方には痛み止めを処方いたしますのでご安心ください。

料金

片側 220,000円  両側 380,000円

組合せ治療のご紹介

page up