下まぶたのたるみ、くまは形成外科専門医にお任せ - ヘアー&スキンクリニック新宿

【診療時間】10:00~19:00
【休診日】木・日曜日

TEL 03-6384-1391

  • お電話でお問合せ
【診療時間】10:00~19:00 【休診日】木・日曜日

診療内容

下まぶたのたるみ、くま

目の下のたるみでお悩みの方へ

シワやたるみを改善して若々しい目もとにしませんか

目の下のたるみについて、原因毎に治療方法が異なります。

・脱脂術/経結膜脱脂
  • 下まぶたの裏側(結膜側)から膨らみの原因となる脂肪を取り除きます。
    眼窩脂肪を減らす手術ですが結膜側に小さな切開を入れて脂肪を取るので皮膚に傷がつきにくい方法です。取りすぎはシワがひどくなるので、適切な診断が必要です。
  • 下まぶたのまつ毛直下から皮ふを切開し、脂肪を取り除きます。
    通常は余った皮ふも同時に切除できるので特に皮ふのたるみが強い方に有効な方法です。傷ができますが、元々あるシワに沿って切開することで目立たなくすることが可能です。

・ハムラ法

下まつげのすぐ下を切開し、脂肪を切除せずに目の下のくぼみに脂肪を移動させます。
必要に応じて、余分な皮膚や脂肪も同時に切除することも可能です。

・下まぶた除皺術(下眼瞼除皺術)

下まぶたのライン下をシワに沿って切開し加齢で衰えた眼窩隔膜の処理をした後、皮膚を上方に引き上げながら固定します。黒くまと呼ばれる皮膚の凸凹の影によるくまは、余分な皮膚を切除し皮下の眼輪筋と皮膚に緊張を与えることで改善します。

・トレチノイン/ハイドロキノン

色素沈着によるくまを解消するには、皮膚の小ジワやたるみを改善するトレチノインや肌の漂白剤と言われるハイドロキノンを使用いたします。 いわゆる茶くまと呼ばれるくまは、紫外線によるメラニン色素の増殖や、花粉症などで目を擦ってしまい色素沈着を起すことが原因です。

治療ポイント

施術時間
約60~120分
注意点
・局所麻酔を行うので治療中の痛みはありません。
・当日シャワーは可能ですが、入浴や目もとのメイクは翌日以降、アイメイクは抜糸後に医師の指示のもと行ってください。内出血や腫れがありますが、約2週間で治まります。1週間後に抜糸を行います。

H&Sの下まぶたのたるみ、くま治療が選ばれる理由

Select.1
カウンセリングから治療、アフターケアまで  
院長自らカウンセリング、術後のアフターケアを行います。気になることがありましたら何でもご相談ください。
Select.2
症状に対しての判断力と技術力  
下瞼のたるみの程度や原因によって治療方法が異なります。しっかりと症状を見極めてどの治療が最適なのか判断が大切です。術後でも腫れにくいよう細心の注意を払いながら、自然で美しい仕上がりです。
Select.3
形成外科医の切開方法と縫合 
当院のドクターは形成外科専門医です。傷跡が目立ちにくくなるような切開方法と縫合技術で治療を行います。

料金

治療名・内容   金額
下眼瞼除皺術(目の下のたるみ取り) 皮膚シワ、たるみを改善
※脱脂可
300,000~350,000円
経結膜脱脂   250,000円
ハムラ法(脂肪移動+たるみ改善) 若々しい目に 450,000円
page up