薄毛治療:赤色LED光治療-ヘアー&スキンクリニック新宿

【診療時間】10:00~19:00
【休診日】木・日曜日

TEL 03-6384-1391

  • お電話でお問合せ
【診療時間】10:00~19:00 【休診日】木・日曜日

診療内容

LED:N-LED5000DK

超狭帯域赤色LEDライトを当てて髪を育てる治療です

安全性の高い育毛技術

1990年代にNASA(アメリカ宇宙開発局)において、LED照射による植物の成長促進が確認されて以来、LEDの生体に対する影響に関して、数多くの研究がなされてきました。

LED照射による繊維芽細胞のコラーゲン、ヒアルロン酸生成の増加、増殖能亢進などの効果も報告されており、また、LEDは、Low Level Light Therapy(LLLT)と比べても安全性が高いため、今日、頭皮や全身などでLEDが使用されるようになってきています。

LED=Light Emitting Diode  ※発光ダイオードとも呼ばれる発光素子です。

●安全性の高い超狭帯域赤色LED光が細胞を刺激して毛母細胞の活動を活性化

育毛のカギは、頭皮の表面から3~5mmの深さにある「毛母細胞」にあります。この細胞群が「分裂」と「増殖」を繰り返すことで髪が作られます。

また、「毛母細胞」の先端にある「毛乳頭」が多種類の細胞増殖因子などの伝達物質を作り出し、それらの因子が「毛母細胞」の活動を活性化させます。

したがって、発毛促進のためには「毛乳頭細胞」を刺激し、活性化させることが必要です。青色や緑色のLEDの皮膚中への深達度は0.5mm程度で「毛乳頭」には達しません。

しかしながら、赤色LEDは「毛乳頭」に達する十分な深達度を持つことから、発毛効果を持つ可能性が示唆されます。

その可能性を探るため、細胞レベルで検討した結果、超狭帯域赤色LEDの照射により培養ヒト毛乳頭細胞から毛の成長を促進することが知られているHGF、Leptin、VEGFが増加していることが確認されました。

治療ポイント

赤色LEDは毛乳頭からの増殖因子の分泌を刺激し、毛の成長を促進すると考えられます。

・赤色LEDのマウスの毛成長への影響

7週齢の雌BL-6マウスの背部を剃毛し、次の日(day1)に赤色LED1.0j/㎡の照射を始め、週に3回照射を続けた。コントロール郡(対照実験の対象)にはLED照射以外は麻酔など毎回同じ処置を加えた。

・赤色LEDのマウス硬毛面積への影響

1日目で撮影した写真から毛成長面積の割合を計算した。LED照射郡でday18、22において有意に毛成長が促進された。

出典:「Fushimi T, Inui S, Ogasawara M, et al : Narrow-band red LED light promotes mouse hair growth though paracrine growth factors from dermal papilla, J Dermatol Sci 64 : 246-248, 2011.」

施術時間
約20分
痛み
赤色LED光を患部に照射する治療なので痛みはありません。
ダウンタイム
ありません

H&SのLEDが選ばれる理由

Select.1
赤色LEDで毛乳頭細胞を活性化
超狭帯域波長633nmの赤色LEDは、頭皮化の深達度に優れ毛乳頭細胞を始めとする細胞を活性化する効果があります。
活性化した細胞が、ターンオーバーを正常化し、育毛・発毛効果を発揮すると考えられています。
Select.2
組合せ治療で更に効果アップ
内服薬のプロペシア・ザガーロカプセル・フィナステリド・パントガール・ビビスカルや外用薬のミノキシジルと併用して治療を行うことで更に効果が高まります。
Select.3
ダウンタイムのない治療
LED照射時はほんのり温かい心地よさを実感できます。
照射直後から洗髪やシャワーを浴びることも可能で、日常生活に支障がありません。

料金

施術内容 金額(1回) 金額(12回コース回)
LED治療
N-LED5000DK
5,000円 50,000円

組合せ治療のご紹介

page up