眼瞼下垂は形成外科専門医にお任せ - ヘアー&スキンクリニック新宿

【診療時間】10:00~19:00
【休診日】木・日曜日

TEL 03-6384-1391

  • お電話でお問合せ
【診療時間】10:00~19:00 【休診日】木・日曜日

診療内容

眼瞼下垂

まぶたのたるみで視界が狭い、目つきが悪いとお悩みの方へ

眼瞼下垂を治すことで頭痛や肩こりまで改善!?

上まぶたは眼瞼挙筋という筋肉で開きますが、先天的にその筋肉が弱い方がいらっしゃいます。

また加齢やコンタクトレンズの長期使用などにより挙筋腱膜が引き延ばされてしまった方は、無理に視界を確保しようと額の筋肉を使うため、額のシワや肩こり、頭痛といった原因にまで発展します。 形成外科や眼科でおこなう保険診療の治療では、目が開きやすくすることを目的としているため、不自然な仕上がりとなる可能性があります。

美容的観点から、左右や全体のバランスを考慮に入れて事前にシミュレーションを行ない、満足の行く結果を手に入れましょう。

・挙筋前転術

二重ライン上で切開し、眼瞼挙筋腱膜を前方に引き出し瞼板の上部で固定します。
腱膜性眼瞼下垂の方におすすめの方法です。

・切らない眼瞼下垂手術(埋没式挙筋前転)

軽い眼瞼下垂の方におすすめです。
切開をしないので術後の腫れが少なく、二重にすることが可能です。

治療ポイント

施術時間
約30~120分
注意点
・局所麻酔を行うので治療中の痛みはありません。
・当日シャワーは可能ですが、入浴や目もとのメイクは翌日以降、アイメイクは抜糸後に医師の指示のもと行ってください。内出血や腫れがありますが、2週間程度で治まります。1週間後に抜糸を行います。

H&Sの眼瞼下垂術が選ばれる理由

Select.1
カウンセリングから治療、アフターケアまで  
院長自らカウンセリング、術後のアフターケアを行います。気になることがありましたら何でもご相談ください。
Select.2
症状に対しての判断力と技術力  
眼瞼下垂なのか上まぶたの皮膚のたるみのせいなのかで治療方法が異なります。しっかりと症状を見極めてどの治療が最適なのか判断が大切です。
術後でも腫れにくいよう細心の注意を払いながら、自然で美しい仕上がりとなるよう治療を行います。
Select.3
形成外科医の切開方法と縫合  
当院のドクターは形成外科専門医です。傷跡が目立ちにくくなるような切開方法と縫合技術で治療を行います。

料金

施術内容   金額
挙筋前転術 重い眼瞼下垂に対し切開して改善 450,000円
切らない眼瞼下垂手術
(埋没式挙筋前転)
軽い眼瞼下垂に対し切らずに改善 300,000円

組合せ治療のご紹介

page up