眉毛植毛で薄毛治療-ヘアー&スキンクリニック新宿

【診療時間】10:00~19:00
【休診日】日曜・月曜日

TEL 03-6384-1391

  • お電話でお問合せ
【診療時間】10:00~19:00 【休診日】日曜・月曜日

診療内容

眉毛植毛

眉毛の植毛について

眉毛の植毛は、男女問わず人気がある施術です。
当クリニックでは長井医師、髙平院長も力を入れている植毛手術となります。

眉毛の植毛は髪の毛の植毛とどう違うのでしょうか? 実に多くの違いがあります。
長井医師により2005年にイタリアの国際学会にて、世界で初めて白澤先生と「眉毛植毛の発表」を行っています。

その内容から例を挙げますと下記5つの項目が考えられます。
1.毛の密度
2.毛の流れ
3.毛の角度
4.毛のキャラクター
5.毛の向き

1.毛の密度
アジア人の髪の毛は50~80FU/cm2 , 本数では80~150本/cm2で生えると言われています。しかし眉毛は20~25本/cm2程度ととても低い密度です。
しかも眉毛は眉頭、眉山、眉尻とそれぞれの部位で密度が均一ではないのが一般的です。

2.毛の流れ
毛の流れは2005年に白澤先生が発表されたように、個人個人でかなり違いがあるだけでなく、やはり眉のパートごとに流れ方が違います。これをうまく再現することはとても重要です。

3.毛の角度
普段眉毛の角度を見る事はないと思いますが、寝ている人を頭の方から見てみると良く解ります。眉毛は5~30度くらいのとても低い角度で生えているのが一般的ですが、やはりその部位で異なります。

4.毛のキャラクター
これには更にいくつかあります。
a.太さ: ほとんどの例で眉毛の方が細いのです。
b.毛穴からの生える本数: 髪の毛は1,2,3本と3種類で生えていますが、眉毛はほとんど1本です。
c.毛周期(ヘアーサイクル):髪の毛は2~6年、眉毛は3~12か月と短いです。
d.長さ:ヘアーサイクルの違いから髪の毛の方が顕著に長くなります。

これらを考慮してさらに眉毛のアウトラインを正確に作成する事で、上記全てを正確に再現して初めて成功するのです。

毛穴作成は、0.7mmと極端に細い線状の毛穴(スリット)を、非常に低い角度で正確に開けて、ここに繊細に株分けした1本毛のみを移植します。

術後に関して起こりうる事として、
1.皮膚の赤みやむくみ
最短だと3日間、一般的には7日間あればほとんど分からなくなります。
ただし血管がもろい方や、麻酔を多めに使用した場合は、内出血を起こして経過が長くことがあります。

2.移植毛の生着
特別な事が無い限り高い確率で生着します。頭の植毛オペの時と同様に術後1週間で何割かの移植毛はすでに伸び始めます。
最短だと4か月程度でオペ前との違いを感じます。術直後と比べて、1年後にもし明らかに生着が悪い場合は、その部位の再施術を行う場合があります。

3.毛流れや向きの違いが目立つ場合
術後は問題なかった移植毛の生え方が2,3日で不自然になった場合、無意識で指で触っている可能性があります。出来る限り触らないことが大切です。
又2、3週間程度すると毛流れが放っておいてもばらばらになってきますが、これはそのまま経過を診ておくと又、1か月程度で整います。

このように眉毛の植毛は髪の毛の植毛以上に繊細な手順を経なければいけません。

《それでは治療の例を見てください。元々眉毛が少ないケースです。》

施術前にご本人で眉毛のアウトラインを書いていただき、それを医師が手直し致します。
そこに0.7mm×0.1mmのマイクロブレードで線状の毛穴を作成した直後の画像です。


眉頭、眉山、眉尻、更に眉毛の上半分と下半分、それぞれで毛流れが変わりつつ、元々生えている眉毛にも一致していると思います。特筆すべきは出血も殆どないところです。
そこに眉毛を200株植えたところです。


植えた直後なので、多少の赤みや白い組織が見えますが、それでもとても自然に毛流れが繋がっています。


右画像の上段が300株植えて1年後と下段が施術前の画像です。


次は右画像の上段が400株術前と下段が1週間後の画像です。
きれいに整っていると思います。
実は一般的な眉毛の毛流れはとてもバリエーションが多く、眉頭、眉山、眉尻まできれいに流れている人は非常にまれです。


《長井医師の眉毛を例に出してみます。》

すべての毛流れは一致していませんし、時々まるで違う向きの毛も見られます。


しかも長さも違い、密度も眉山以降で極端に少なくなっています。
でも違和感がある訳ではないと思います。


しかしセオリーを無視した植毛を行った場合は、話は違います。
眉毛は1本毛。それなのに2本毛を使用したり、バラバラな毛流れで植えてしまったら、明らかに不自然な感じになってしまいます。

これを理解した上で、眉毛の植毛をうけていただきたいと思っています。


page up