プロペシア(内服薬)-ヘアー&スキンクリニック新宿

【診療時間】10:00~19:00
【休診日】木・日曜日

TEL 03-6384-1391

  • お電話でお問合せ
【診療時間】10:00~19:00 【休診日】木・日曜日

診療内容

プロペシア(内服薬)

男性の薄毛治療

一口に薄毛と言っても種類は様々です

その種類によって対処方法も異なります。的確に見極め治療を行わないと、効果が出ないばかりか、かえって良くない結果となる可能性も有ります。AGAは、AndrogeneticAlopeciaの略で、男性型脱毛症のことです。男性の薄毛の原因として最も多いのがAGAと考えられています。人間の毛髪は、成長期、退行期、休止期というヘアサイクルを繰り返しながら2~6年をかけて生え変わっていきます。ところがこのヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなり、毛髪が十分に伸びる前に抜けてしまい、頭頂部や前頭部の毛髪が薄くなるのが男性型脱毛症です。

このヘアサイクルの乱れに深く関与しているのが、テストステロンという男性ホルモンです。このテストステロンが血中を流れて毛髪の成長を制御する毛乳頭に入ると、5α還元酵素(5αリダクターゼ)の働きにより、DHT(ジヒドロテストステロン)という強い男性ホルモンに変化します。

このDHTが細胞内でレセプター(受容体)と結合して毛乳頭内の核に入り、標的遺伝子のプロモーターと結合すると、ヒゲには毛の成長を促すシグナルを出す一方、頭頂部や前頭部には毛髪の発育を抑えるシグナルを出します。その結果、男性型脱毛症が進むのです。

この5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型があり、AGA内服薬に深く関わってきます。

頭髪の薄毛治療薬には2タイプ(内服薬・外用薬) があります。
※外用薬についてはこちら

プロペシア:内服薬


プロペシア1mg:内服薬

テストステロンがⅡ型の5α還元酵素と結合しDHTに還元されるのを阻害するのに有効とされているのがフィナステリドです。このフィナステリドを主成分としているのがプロペシアです。

フィナステリドは、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」において、男性型脱毛症の治療薬として最高ランクの推奨度「A」と評価されました。

プロペシアの服用方法

毎日決まった時間に、医師から処方された量を服用します。これは、体内のフィナステリドの濃度を一定に保つ必要があるためです。肝臓で完全に代謝されるのが24時間と言われているので、時間が不規則だと効果が出にくくなります。反対に、過剰に摂取しても効果は変わらず、副作用のリスクが高まる恐れがあります。

副作用について

プロペシアは、成人男性にしか作用しません。女性や子どもが服用すると効果が無いだけではなく、体に悪影響を及ぼす副作用の危険性があります。特に妊婦や妊娠の可能性がある場合、奇形児など胎児への影響がありますので注意が必要です。

・副作用の症状
  • 過敏症:じんましんや発疹、血管浮腫など
  • 精力減退:勃起機能不全、精液の質低下、睾丸痛など
  • 肝機能障害:黄疸、倦怠感、腹水など
  • その他:めまい、抑うつ症状など

服用中に何か変調を感じた時は、すぐ医師に相談しましょう。

料金

1ヶ月分(28錠) 10,000円(税別)

組合せ治療のご紹介

page up